前へ
次へ

欠点を直すことより長所を伸ばす教育を

子どもが小さいうちに人見知りや飽き性など、性格的な欠点を直させなければ、などと躍起になっていないでしょうか。
また箸の持ち方や走るフォームなども子どもの頃ならすぐ直る、とよく言われます。
しかし、子どもは実は「欠点を直すことが苦手」だそうです。
なぜかと言うと子どもは「今」を生きているからです。
「今、ここ」に一生懸命でたくさんのことを吸収するのに忙しいため、欠点を直すモチベーションがないのだそうです。
大人から「直さないと将来困るから」と言われても苦痛なだけで逆効果になってしまいます。
なので、子どもを教育する際に大事なのは、欠点を直そうとせず、長所を伸ばすということになります。
子どものうちに直させなくてはと大人がガミガミ言うことで、子どもは萎縮し、長所を伸ばせなくなってしまうのです。
むしろ、自分の欠点を把握して「どうやって直すか」と目標を立て取り組むのは大人の方が得意です。
欠点を直すのは大人になってからでも十分ですし、その方が効率的と言えるでしょう。

Page Top