前へ
次へ

子どもをお金持ちに育てるためのマネー教育

誰でも自分の子どもにお金の苦労はさせたくないと思います。
しかし、何気ない日々の言葉や行動で、子どもに間違ったマネー教育をしている可能性があるのです。
例えば毎月決まったお小遣いを与え、その中でやりくりさせることはNGです。
でもほとんどの大人がそうやって子どもにお小遣いをあげているのではないでしょうか。
これがなぜいけないかというと、「サラリーマン精神」を叩き込むことになるからです。
毎月決まったお金が入り、そこから工面してやっていくサラリーマンは、病気や怪我で働けなくなったら終わりです。
それよりも自分でお金を得る方法を考えさせて、必要な分は自分で稼ぐ力を養わせるのが大切です。
読み終わった本をネットオークションや古本屋で売ったりするのは子どものすることではない、と考えられがちですが、これはお金を得る正当な手段です。
お金は何もしなくても自動的に入ってくるものではない、ということはしっかりと家庭で教育しておく必要があるでしょう。

Page Top