前へ
次へ

文字量の少ない英語の絵本からスタートする

子供の英語教育は、その親世代が英語が苦手な人が多いため、やや遅れがちという家庭もあります。
しかし、英語力が高くなくても、自宅で十分に教育することが可能です。
小学校入学前は、絵本の読み聞かせなどを中心にして、英語の音楽のかけ流しやフラッシュカード、英語番組をみせるなどで問題ありません。
読み聞かせが一つのベースになりますが、英語学習向けでなく、英語圏の幼児が普通に楽しむ絵本を読んでいくのがポイントです。
はじめは文字量の少ない簡単なものからスタートさせるとよく、1ページ1行程度の文字の少ないものにします。
英語の意味がわからなくても、絵を見せながら、子供は内容を想像しています。
また、英語の絵本ばかりでなく、日本語のものもまぜていくことが大事です。
読む本を選ぶのは子供というスタンスは変えずに、無理強いをさせないことも重要になります。
加えて、ネイティブの発音で覚えさせるのが目的ではないので、CD朗読よりも、安心できる親の声で読み、幼児のうちは、子供のペースで絵本の世界を楽しませることが大切です。

Page Top