前へ
次へ

幼児教育の無償化の事を知りたい方へ

幼児教育の無償化の事を知りたい方へお教えします。
これは、完全無償化ではない事を知っておきましょう。
当てはまるには、条件があります。
その条件は、消費税率が10パーセント実施になってから行います。
それから3歳児から5歳児で幼稚園や保育園、認定こども園や認可外保育園の利用料が無料になるというシステムです。
条件としては、子供の両親が共働きをしていることがあります。
それから次は、母子家庭や父子家庭の方が対象になります。
それから、保護者のいずれかが身体や精神疾患などを患っていて家庭保育が難しい方が対象になる事を知っておきましょう。
また、おやの介護で家庭保育が出来ない方や、双方の親の保育援助を受けることが出来ない場合などが対象になります。
それから、専業主婦の方や専業主夫の方がいる家庭では、無償で利用することが出来ない場合がある事を事前に知っておくといざという時に役立ちます。
そのため、全員の方が、無償にはならないと考えておきましょう。

Page Top